タバコ 育毛剤

タバコは育毛剤の効果を弱める?
Line

タバコは育毛剤の効果を弱めるって本当?


ここではタバコは育毛剤の効果を弱めるのかについて書いています。

タバコは抜け毛を増やすといわれていますが、育毛剤にも影響を与えてしまうのでしょうか?

Line

タバコが育毛剤の効果を低下させる4つの理由


タバコが育毛剤の効果を低下させる理由は4つあります。

・血行不良を引き起こす
・ビタミン不足になる
・ストレスが増える
・悪玉コレステロールが増える

タバコにはニコチンという有害物質が含まれています。

このニコチンには血管収縮作用があり、血液の流れを悪くする働きがあります。

血液の流れが悪くなると髪に必要な栄養や酸素が届けづらくなるので、すぐに抜けそうな弱々しい髪しか生えてきません。

タバコが薄毛に悪いといわれている大きな理由がこれです。

タバコを吸うとお肌の調子が悪くなるといわれていますが、その理由は大量のビタミンCが消費されるからだと思ってください。

ビタミンCは栄養の吸収を促す作用があるので、もし不足すると髪にも大きな影響を与え、育毛剤の効果を弱めます。

また、タバコを吸うとストレスが解消できるイメージがありますが、実は逆にストレスを溜めることになるので注意しましょう。

タバコにはビタミンCを破壊する働きがあります。

ビタミンCはイライラを抑えるために必要な成分なので、タバコを吸えば吸うほどイライラしやすくなるというわけです。

ストレスは育毛剤の効果を低下させるので、早めにタバコをやめた方がいいでしょう。

タバコには悪玉コレステロールを増加させる働きがあります。

悪玉コレステロールが増えると髪に必要な栄養が消費されるので、育毛剤の効果を阻害してしまいます。

Line

タバコは育毛剤の効果を弱める?のまとめ


まとめておけばタバコが育毛剤の効果を低下させる理由は、

・血行不良を引き起こす
・ビタミン不足になる
・ストレスが増える
・悪玉コレステロールが増える

の4つです。

タバコを吸うとこうしたことが体に起きるので、育毛剤の妨げになります。

本気で抜け毛・薄毛を改善したいと思っているのであれば、早めにタバコをやめてください。

タバコを吸っている限り、いくら高品質な育毛剤を使用しても薄毛を治すのは難しいです。

それどころか、ますます薄毛が悪化する可能性だってあります。

少しずつ本数を減らしてやめようとする人もいますが、これだとなかなかやめることができないので、やめる時はスパッと禁煙された方がいいでしょう。

一人で禁煙できない場合は、禁煙外来を利用するのもいいと思います。



Line