お酒 育毛剤

お酒を飲み過ぎると育毛剤の効きが悪くなる?
Line

お酒の飲み過ぎは育毛剤の効き目を悪くする


ここでは、お酒と育毛剤の関係について書いています。

アルコールの過剰摂取は育毛剤の効果を低下させるといわれていますが、一体どうしてなのでしょうか?

Line

お酒が育毛剤の効果を弱める理由は大きく分けて4つ


お酒が育毛剤の効果を弱める理由は大きく分けて4つあります。

・髪に必要な栄養が大量に奪われる
・ジヒドロテストステロン(DHT)が増加する
・肝機能が低下する
・皮脂の過剰分泌を引き起こす

お酒を飲むとアルコールが肝臓で分解されますが、その際に健康な髪を作るのに必要なアミノ酸やビタミンといった栄養が大量に奪われてしまいます。

中でも大きな問題となるのが亜鉛不足です。

亜鉛が不足すると新陳代謝が低下して毛髪サイクルが乱れ、抜け毛が一気に増えます。

アルコールを飲むと亜鉛不足に陥りやすいので、お酒が好きな人はほどほどにしてください。

薄毛を引き起こす原因物質をジヒドロテストステロン(DHT)といいます。

お酒をたくさん飲むとこの薄毛の原因物質であるジヒドロテストステロン(DHT)を増加させる危険があります。

ジヒドロテストステロン(DHT)が増加するとますます抜け毛の症状が酷くなって、育毛剤の効果を弱めてしまいます。

過剰なアルコール摂取は肝臓に大きな負担を与えることになるので要注意です。

肝臓に負荷をかけすぎると血行不良を起こし、頭皮の血流が悪くなります。

すると頭皮に必要な栄養を届けることができなくなって、抜け毛が悪化します。

アルコールには糖質がたくさん含まれているので、飲み過ぎると頭皮の皮脂が過剰に分泌されるので気をつけてください。

皮脂の量が多くなると毛穴が詰まりやすくなり、育毛剤の効果を弱めてしまいます。

Line

お酒を飲み過ぎると育毛剤の効き目が悪くなるのまとめ


まとめておけばお酒を飲み過ぎると育毛剤の効果が弱くなる理由は、

・髪に必要な栄養が大量に奪われる
・ジヒドロテストステロン(DHT)が増加する
・肝機能が低下する
・皮脂の過剰分泌を引き起こす

の4つです。

少量のアルコールならそこまで問題はありませんが、毎日たくさん飲んでいるとこうしたことが起こってしまい、育毛剤の効果を弱めます。

育毛剤の本来の効果を引き出したいのであれば、アルコールの過剰摂取にくれぐれも気をつけてください。

ただ、お酒好きな人が完全に禁酒すると、これがストレスになり、薄毛を悪化させる可能性があるので節酒程度にしておいた方がいいかもしれません。


Line